残念だったな。   そいつは残像だ。
   

にほんブログ村 競馬ブログ 裏読み競馬予想へ
にほんブログ村
ブログランキング 競馬ブログ・ランキング
競馬予想のウマニティ
人気ブログランキングへ

↑ 君たちのクリックが俺の収入を左右する。ランキングクリック ↑
競馬場の違いについて
2010年03月16日(火) 22:33
競馬場の特徴などこれ以上ないほど簡単にまとめてみた。



東京競馬場


最後の直線長い。坂道きつい。実力勝負。




中山競馬場


小回り。直線短い。坂道きつい。1600迷ったら内枠買え。




中京競馬場


開幕週は内枠。馬場荒れてきたら外枠。直線短い。瞬発力勝負。





京都競馬場


内回り先行狙い目。外回り差し強襲。ゴール前直線平坦。





阪神競馬場


外回り直線長い。ゆったりペースが目立つ。馬場荒れてきたら外目。





新潟競馬場


外回り直線半端ねぇ。内回りも長め。





札幌競馬場


直線の短さ半端ねぇ。内側断然有利。馬場荒れると外差し決まる。





函館競馬場


直線短い。馬場荒れやすい。後半ほどパワータイプチェック。





小倉競馬場


直線短い。短距離はスピード優先。ハイペースになりやすい。





福島競馬場



直線短い。先行狙い目。




まとめ。

どの競馬場も共通して時間がたつほど内から荒れる。

馬場の荒れ具合、競馬場ごとの展開も考慮する。



他の競馬ブログを見る
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログ 裏読み競馬予想へ
にほんブログ村
コースについて
2009年10月18日(日) 01:22
2009年 10月18日(日) 4回京都4日11R 第14回 秋華賞(GI)



俺のヴィジョンにはみんなの抱える不安が見える。



直線短いけど ブエナビスタは届くのかな? だろ?




その証拠に今現在のブエナ単勝が2倍台だ。




今回はみんなが不安に思う コースの違い をとり上げてみようと思う。


まずその前に基本的な事から抑えておこう。





新聞などで馬の過去の成績表を見たときに 34.6F 等と書いてあるのを知っているだろうか?

これは 上り3ハロン のタイムを示している。


ハロン
 と言うのは長さの単位で、日本の競馬では200で換算する。


つまり 上り3ハロン = ゴール前600ということになる。



それを踏まえて上で競馬場によってどんな違いがあるか見てみよう。



まず、第70回 優駿牝馬 の舞台となった 東京競馬場の直線は525.9m ある。

直線の追い込みに賭ける馬にとって最高の舞台だ。


それに比べて今回第14回 秋華賞が行われる京都競馬場内回りの直線は328mとなっている。



その差約200
 



1ハロンの違いがある。



サラブレッドの1ハロンのタイムは大体11.12秒前後。


ブエナビスタのレースを振り返ると、唯一同歳馬に負けたデビュー戦古馬に負けた前走の2着とも、もう少し直線距離が長ければ確実に勝っていた。



2ハロンに満たない今回の直線では ただ速いだけ では勝てないのだ。




あと、途中から書いてて面倒くさくなってきたので端折ったが、それぞれコースには
坂があったりもする。


直線の長さだけが重要な訳じゃないので参考程度に。



他の競馬ブログを探す↓
にほんブログ村 競馬ブログ 裏読み競馬予想へ
にほんブログ村





 | HOME | 




Designed by GALPOP BLOG + GALPOP.NET ----- Powered by DTIブログ -----