残念だったな。   そいつは残像だ。
   

にほんブログ村 競馬ブログ 裏読み競馬予想へ
にほんブログ村
ブログランキング 競馬ブログ・ランキング
競馬予想のウマニティ
人気ブログランキングへ

↑ 君たちのクリックが俺の収入を左右する。ランキングクリック ↑
パドックの見方 ー 体つきで見る前編
2009年09月16日(水) 02:03
馬鹿パドック講座第3回 前編

今日は体つきで馬を見てみよう!


前回の講座で 「同じ馬を追え」 って言ったけれども、


実際動画を見ながらパドック見てたら時間的に間に合わないだろうし、

かといって出走馬全部の癖を覚えるなんてのも無理だろう。


何のデータもない馬や、比べるパドック動画の無い馬が出て来た時はどうすればいいのか?


そんな時は体つきをチェック。



この項目は第1回目の時に書いた内容と多少重複するがまぁいいや。




当日のチェックポイント



1 馬体重をチェック


  プラス体重 → 太って見えるかどうか

  マイナス体重 → 細く見えるかどうか



その馬が好走した時の体重とまず比べてみよう。




しかしだ、パドックの見方を調べる人が大抵抱く疑問はこんな感じじゃないか?


細いか太いかよくわからないよ





どう?






だって俺も良くわからなかったもの。



例えば子供に ウィル・スミス と エディ・マーフィー の写真を見せた時の

反応に似たようなものなんだと思う。




大抵の子供はどっちがどっちだかわからないはずだ。(わかるかもしれないな)


それは、頭の中に比べる対象が具体的に浮かんでこないから。



どうすればいいのか?



もうね、ひたすら競走馬見て、頭の中で基準になる馬の姿を描けるようになる



これしかないと思うんだ。



ようは頑張って馬の勉強しようって事。



最低限細い太いの区別が出来ないとパドック行っても


馬眺めて終わってしまう。




前回の講座
 でのせたようつべの動画のアサクサキングスも


菊花賞1着時
 と 有馬記念14着時 では10kgの差がある。


この違いがわかるようになって初めて次の段階に入っていけると思う。


次回のパドック講座は今日の続き 後編 の予定だよ。


体つきの違いがわかったら、今度は馬体の各部位に注目してみようと思う。



他の競馬ブログを探すなら
にほんブログ村 競馬ブログ 裏読み競馬予想へ
にほんブログ村
パドックの見方ー動画で比べてみよう
2009年09月15日(火) 02:46
以前、 馬鹿パドックの見方 という記事を


書いたことがあったんだが、検索エンジンから来る訪問者の


キーワードを調べてみたら 「パドック 見方」 というのがほとんどだった。



ほかには

 「安田美沙子 ウオッカ」

 「馬鹿 競馬」

 「馬鹿


というのもあった。

「馬鹿」で検索した人は何をしたかったんだろう。


安田美沙子で検索かけてここにたどり着いた人の気持ちを思うとやるせない。





さて、このくらいで前置きはいいか。

好評だった パドック講座 第2回はじめようか。


前回の記事で書いた大事な観点覚えているだろうか?


確か 

「それが馬かどうか?角や羽根がはえていないか?」

そんな事を書いている気がする。


本気で調べたかった人ごめんなさい。




今回は少しマジメに、だがしかし、このシリーズは引っ張るつもりなので小出しにしていく。


 
 競馬に関する口コミ情報サイトはこちら

 


今日皆さんにお伝えするポイントは


「同じ馬を追え」



って事。


人間同様馬にも個体差がある。


やる気なさそうだけど本人は気合が乗っている


とか

上辺ではやる気満々に見えるけどほんとはダルい


とかね。

みんなの周りにもこんな奴いないか?


なので、いきなり他の馬と比べても難しい。


例えばアサクサキングス

2007年 菊花賞 のパドック映像がこれ。





そして大敗した 2007年 有馬記念 のパドック映像がこれ





映像を見て違いを見比べてみて欲しい。

わからない人は下の動画の細江さんのコメントに注目。

元ジョッキーがべた褒めのスクリーンヒーローは負ける。


要するに、重賞になればみんな強い馬なんだし、みんな少しでもベストの状態で走らせたいんだから、みんな強そうに見えるって事。




「好走した時と比べて今日はどうだろう?」




こういう比べ方ができればおのずとヴィジョンが見えてくるはず。


そのために 


「同じ馬を追う」



これが数あるパドックの見方の中の一つのポイント。


次回のパドック講座は 「体つきで見る競走馬」 の予定。



にほんブログ村 競馬ブログ 裏読み競馬予想へ
にほんブログ村

広告に惑わされる前に競馬口コミ情報GETしよう

パドックの見方
2009年05月07日(木) 02:35
競馬予想の方法の一つに

パドックでの予想


というのがある。

レース直前の馬を実際に見て予想をたてる方法だ。

データや理論は一切無視と謳っている馬鹿競馬において、
これは唯一まともな予想の仕方なのかもしれない。

しかし、実際パドックで馬を見ても何がいいのかわからない

という方も多い事と思う。

そこで、今回はパドックの見方について説明していこうと思う。



1 準備するもの



メモ(新聞やノートなど。競馬新聞等の出馬表が使いやすいだろう。)
ペン(かける物。かけないペンはいらない。)
双眼鏡(別になくてもいいけど)
飴 (黒飴は苦手。ガムでもいいよ)
女 (色々とうんちくを語る相手が欲しい)


上記のうち最低限メモとペンは必ず用意しておいて欲しい。



2 馬を見る



まず最初にチェックするポイントは、

それが本当に馬かどうか
 だ。

4足歩行だからといって安易に競走馬だと判断するのは危険だ。

それはロバではないか?ペガサスじゃないか?等の
等基本的な見極めはしっかりとしておこう。


出走馬に変なのが紛れていた場合



まず間違いなくロバではサラブレットに勝ち目がない。
ロバの番号は斜線で消す。

もしそれがペガサスやユニコーンといった幻獣の類の場合は
すぐにその場から逃げることをオススメする。


命がけのバトルが始まる可能性

が極めて高いからだ。
 


但し、このような幻獣が出てくるバトルの場合、
隕石を降らせる魔法を使う者が近くにいる可能性もある。
どこに逃げようと同じだろう。気をつけろとしか言えない。


出走馬が全て馬だった場合



2-1 最初にチェックするのは見た目。人間でも一緒。


あいつ太いな・・とか、あいつやせたなぁ・・とか、そんな程度でおk。
ぱっと見で強そうだなって奴はチェック。
太い細いは見る場所でも変わってくるから毎回同じ場所で見るように。
太い奴、ガリガリの奴、普通の奴、強そうな奴、誰が一番速そう?


2-2 次は歩き方。これも人間に例えてみよう。


オリンピック100M決勝とか思い出してみよう。
レース前にキョロキョロしてる奴見たことある?
興奮して逆立ちしてる奴とか見たことある?

ないよね?

集中してない奴はまず消し。
騎手が乗ってから落ち着く奴もいるのでそこは注意。
まっすぐじっと前を見て顔をグイグイ引っ張って歩いてるような奴を探そう。
体と頭が平行な奴はいい感じ。下向きすぎは×。
暴れてる奴は厳しい。長距離のレースなら消しておk。
言うこと聞かずに暴走してバテておしまい。


2−3 汗のかき方も見てみよう。

パドックの段階で汗だらだらの奴は注意。
もう疲れてるんじゃね?
適度にキラキラしてる程度が良い。
試合前のボクサーみたいな状態がベスト。



まぁ他にも色々見る所あるんだろうけど、

そこまで専門的になっちゃうと馬鹿競馬じゃなくなっちゃうからね。



まとめると


1、馬かどうか。

2、落ち着いてるかどうか。

3、太ったり痩せたりしてないか。

4、強そうかどうか。

5、変な汗かいたりしてないか。

6、変な歩き方してないか。


これだけ見れりゃ十分。

あとはいっぱい馬見て(TV放送録画もいい勉強になるね)
自分なりの見方さがすのもいいんじゃない?


にほんブログ村 競馬ブログ 裏読み競馬予想へ
にほんブログ村




 


 | HOME | 




Designed by GALPOP BLOG + GALPOP.NET ----- Powered by DTIブログ -----